だるい、きつい、疲れが取れない

健康には気を使っているつもりである。

夜は生野菜を必ず食べるし、味噌汁は昼と夜飲んでいる。

お酒は飲まないし、タバコも吸わない。

運動も適度に行っているので健康的である。

しかし、あまり体調がよくないのだ。

年齢のせいかもしれないが、疲れやすくなった。

それから寝ても疲れが取れないのだ。

これって病気なのだろうか。

病院に行くべきなのか?それとも生活習慣を変えるべきなのか。

これ以上、どう改善すればいいのかわからない。

友人に相談すると気持ちの問題では?と言われた。

しかしそうではない。

本当に体がきついというか、動かないのだ。

サプリメントを飲んだら少しはマシになるだろうか。

このタイミングでずっと気になっていた遺伝子検査をすることにした。

今すぐどうこうってわけじゃないけど、傾向が分かれば対策もできるはずだ。

やはり健康はお金では買えない。

自分の体は自分で守るしかないのだ。

とりあえず遺伝子検査をして、サプリを飲むことにする。

ちなみに遺伝子検査は下記サイトがわかりやすかった。

おすすめの遺伝子検査体験レポート

SNSでバレる時代

SNS時代なので、芸能人の目撃情報などが投稿されることもある。

芸能人は帽子やマスクが手放せなくなっただろう。

極秘交際や不倫なども一般人がスクープしてしまう可能性もある。

交際ならまだしも、不倫となれば大問題だ。

スポンサー関係に迷惑かけることもできないので、最悪の場合は降板となることもある。

記憶に新しいのは矢口真里やベッキー。

この2人は不倫によってテレビ業界から消えた。

2人とも復帰しているが以前のように活躍していない。

不倫によるイメージというのは大きいのだ。

SNSは芸能人だけでなく、一般人も不倫がバレることがある。

安易に写真を載せた場合だけでなく、鍵付きでもバレることがあるのだ。

友人が配偶者に陰口する可能性もある。

どこから不倫がバレるかわからないので、写真などは残さないほうがいい。

配偶者は知らないところで探偵を雇っているかもしれない。

証拠をつかまれたら慰謝料を請求されるので注意しよう。

札幌の調査力の高い探偵社

奥さんの浮気で付き合いが減った

家族ぐるみの付き合いをしているご近所のSさん。

昔はゴールデンウィークにバーベキューをするほどの仲だった。

しかし1年ほど前から奥さんが浮気しているので、家族ぐるみの付き合いが減っていったのだ。

奥さんの浮気に気づいたのは帰宅が遅くなったことからだ。

浮気していたらよくあること。

浮気相手と盛り上がりすぎて帰りたくなくなるのだろう。

そしてご主人が休みの時は子供を預けて外出するそうだ。

子供は4歳なので、まだまだ一人で留守番できない。

もしかして浮気しているかもしれない…そう感じたその日に浮気調査をお願いしたそうだ。

依頼したのは25万円ほどのプランだったようだ。

高い!と感じるかもしれませんが、探偵にお願いするとそこそこ費用はかかる。

自分でできることではないので仕方ない。

探偵費用はへそくりで払ったそうだ。

家計の主導権を握っているのは奥さんなので、見つからないようにするためにはへそくりを使うしかない。

結果、やはり浮気していた。

離婚するかの話し合いはなかなか進んでいないようだ。

借金で苦しむなら

私自身は借金があるわけではない。

しかし、借金で苦しむ人は大勢いる。

知り合いでも借金に苦しみ人生絶望している人もいるのだ。

そんな彼らにかける言葉が見つからない。

事業に失敗したもの、飲み屋のねーちゃんに貢いだもの、儲けたいという欲求からギャンブルにつぎ込んだものまで色々といるのだ。

借金生活で車も手放し、家まで失った人もいる。

そんな彼らを見ているとなぜこんな風になるまで気が付かなかったのか疑問に思う。

借金している最中は周りが見えていなかったのか。

借金が大きくなってから気付く。

このままでは生活できないことに。

任意整理をすれば返済が楽になることもある。

ただ面倒で任意整理すらしない人が多いのだ。

私は積極的に任意整理した方がいいと思う。

弁護士に相談すれば行ってくれる。

弁護士費用を心配する人もいるが、借金が減るのであれば安いものだろう。

おすすめの弁護士を見つけるのは面倒かもしれないので、紹介しているサイトをのせておく。

任意整理におすすめの弁護士事務所

わきがの弟

私はわきがではない。

しかし、父親がわきがである。

そして弟もわきがを遺伝している。

弟は白い服を着るとすぐに黄ばみにおいがきつくなる。

自分でもわきがだとわかっているのでにおいケアは欠かさない。

デオドラントクリームを塗ったり、脇汗パットを使ったりしている。

実際にそれでケアできているようだ。

お風呂に入っていないときはくさいが、ケアしているときはそれほど気にならない。

しかし洋服を直接におうとくさい。

わきがでもケア次第でなんとかなるというものだ。

弟は自分だけわきがになって恨んでいる。

たしかに、私も逆だったら父を恨むだろう。

わきが手術を受けるのもいいかもしれないが費用がかかるので、弟は受ける気はないらしい。

たしかにケアすれば抑えることができるので、手術を受けるほどでもないだろう。

ただ洋服がすぐに黄ばむのは嫌みたいだ。

洗濯も頻繁にするので洋服が傷むらしい。

たしかに安い服はすぐに伸びきってビロビロになっている。

口コミ評判の確認は必要

商品やサービスを購入したり、利用したりするときに重要視することはなにか?

私の場合は価格もあるが、一番に重要視するのは口コミ評判である。

通販で商品を購入するときは必ず口コミ評判を確認する。

実際に口コミを確認して購入しなかった商品も多々ある。

もし、口コミを確認していなかったら購入していただろう。

そのあと、最安値で購入できるサイトを探す。

私が通販で購入するときはこのような手順で調べている。

もし、これがサービスだったら?

サービスでも似たような手順である。

引っ越し業者を探した時、まず口コミ評判を確認した。

一度しか利用しないサービスとはいえ、不快な思いはしたくない。

なので実際に利用した人の感想をみたい。

二時間ほどリサーチした結果、満足いく引っ越し業者に出会えた。

やはり口コミを探すのは重要なことである。

マニアックなサービスも口コミ確認は必要である。

例えば探偵。

探偵を利用する機会はあまりないだろう。

だからこそ、口コミ評判を確認する必要がある。

参考: 原一探偵事務所の評判

自転車同士の事故

交通事故といえば車のイメージが強いが、私は自転車での事故に巻き込まれたことがある。

通いなれた道をいつものように自転車で通っていた。

そしたら前から大きな犬を散歩していた自転車がいたのだ。

その犬がすごい顔で近づいてきた。

飼い主は勢いよく引っ張られるので自転車を操作するのが大変そうだった。

結局、自転車を操作することができずに、私の自転車にぶつかったのだ。

人間2人と犬1匹の事故。

私は転倒して右手を怪我した。

自転車で保険に入っている人は少ない。

私はその人に直接請求した。

金銭トラブルになることはなかったが、今でも思い出すと腹が立つ。

なぜあんな大きな犬の散歩に自転車を使ったのか。

もし相手が私ではなく、子供だったら怖い思いをしたはず。

実際に大人の私でも怖かった。

大型犬を散歩するなら徒歩でするべき。

犬が飛びつこうとしたら体で止めるべきだ。

私は自転車同士の事故だったが、車同士の事故であれば保険会社が入ってくる。

慰謝料の増額は下記サイトが参考になる。

交通事故・慰謝料増額のノウハウ

ムダ毛を溶かすクリーム

毛深い男子は昨今の女子に人気がないらしく、モテたい男子はムダ毛処理に余念がない。

季節はまもなく初夏。肌の露出は否応なく増えるので、まさにタイムリミットだ。

ムダ毛処理にはカミソリで剃るところから始まっていろいろな方法があるが、除毛クリームはなかなか男性におすすめの方法なのだという。

これについて調べてみた。

いろいろな商品があるが、除毛成分は共通でチオグリコール酸カルシウムという物質だ。

体毛はケラチンというたんぱく質でできているが、この物質はケラチンを破壊する。

だからクリームを塗ってしばらくしてからガーゼなどで拭き取ると、毛が崩れるというか、溶けるようにごっそり取れる。

痛みも何もなく、つるっつるになるようだ。

除毛クリームは女性も使うが、男性には特に向いている。

その理由は、男性のムダ毛処理は面積が広いからだ。

他の方法ではどうしても時間かお金か、もしくはその両方がかかってしまう。

しかし、除毛クリームならどんな広い部位でも10分でつるっつるになる。

ムダ毛処理にお金も時間も割きたくない男性には、うってつけの除毛法なのである。

除毛クリームおすすめはコレ!

再び高まる結婚調査のニーズ

最近、結婚調査のニーズが再び高まっているらしい。

結婚調査は、結婚前身元調査、婚前調査などとも呼ばれるが、結婚相手やその親の評判などを調べるものだ。

昔はごく当たり前に行われていて、聞き込み調査は「問い訊き」と呼ばれた。

地方に行くと「問い訊きお断り」の看板が立っているところがあったそうだ。

しかし、近年は結婚調査は廃れる一方だった。

「結婚=家に入る」という価値観が薄れ、相手の家柄を調べたいという動機が薄れてきたことがひとつある。

調査したいことの筆頭は、相手が被差別部落出身者ではないかということだったが、そういう事にこだわることが強い社会的非難を受けるようになったこともある。

とどめを刺したのが「差別につながる調査の禁止」という法律環境の変化。

第三者による戸籍情報の取得は違法になり、結婚調査のビジネスは非常にやりにくくなった。

こうして立ち消えかかっていた結婚調査のニーズが再び高まっているというのはどういうことなのか?

これはバックグラウンドをよく知らない相手と結婚するケースが増えたためであろう。

ネットで知り合ったり、ネットで知ったサークルに参加するうちに知り合ったりなど、親類や友人の周辺から遠く離れた人と結婚するケースが増えた。

大好きだから結婚したいけど、冷静に見直すと相手のことをよく知らないし、ちょっと不審な点もある。

まさか相手の親が非常識なモンスターというようなことはないよね?

こういう心配を晴らすために、結婚調査を使う人が再び増えているのだ。